七色セツナ。1【完】

第2章 波乱の体育祭 /一致団結





「次は、リレーだな!」


1年のエリアがざわつく。


「リレーの点数は高いんだよ!」


「マジか、ユカ!」


「そうだよ、コタくん。

整列する前に、もう一度走る順番を確認ね」


1、真季乃
2、恭弥
3、美雪
4、トノヤマくん
5、ユカ
6、ミツヤくん
7、花凛
8、マスダくん
9、朱羽
10、アンカー吉田くん


「いいか?

バトンの受け渡しの時は、必ず声かけろよ?」


コタが、一人一人の顔を見て確認する。


「花凛ちゃん。

私、絶対足引っ張るから……最初に謝っとく。

ゴメンネ?」


「大丈夫だよ、ユカ。

男子は先鋭だし?

恭弥の順番なんて、仕組まれ感アリアリ。

ユカが考えたんでしょ?」


「あ、バレた?」


0
  • しおりをはさむ
  • 124
  • 3536
/ 367ページ
このページを編集する