七色セツナ。1【完】




中学2年の時、大きな胸がコンプレックスで、
朝食を抜く...
という単純なダイエットで無茶をして

私が読書感想文で表彰される...
という珍事が行われる予定だった全校集会で
校長に表彰状を貰う瞬間、貧血でひっくり返り
その時に憧れていた3年の先輩に


「あ、あいつだ!
集会ん時、真後ろにひっくり返ったヤツ」


と、指さされてからは
しっかりと朝食を取るようになった。


だから私は、結構早起きをする。


まさか、裏ボスが出るとはなー...


顔を伏せたまま、薄ら目を開け
教卓の方を見れば、ユカとコタが真剣な顔つきで
体育祭の人事を決めている。


もう9割方、決まったようだ。


あの2人に任せておけば大丈夫。


その証拠に、次々に決まっていく人事に
「えー俺ー?」とか言う人はいるものの
強く反発する人はいない。


あの2人には人を、人の中身を見る目があるんだと思う。





0
  • しおりをはさむ
  • 124
  • 3498
/ 367ページ
このページを編集する