七色セツナ。1【完】

第2章 波乱の体育祭 /保健室romance




一方、保健室ではー



ベッドに座るユカを囲みながら、
女子4人が、おにぎりを食べていた。


保健医は、
男子たちのケガ人対策で朝から追われ、


「たくさん食べないと、私が倒れるわ」


と叫びながら学食に走って行った、豪快な50代だ。


「ユカ……

それ、会長がやったの?」


ユカの手と膝が、包帯でぐるぐる巻きになっている。


「うん……。

大げさ過ぎだよね?」


「て、言うかさ、いつの間にか苗字呼びから
ユカって、名前呼びになってたよね?」


「あー、それ私も気付いた!」


真季乃と花凛は、ウンウンと頷きあった。


「しかも!

何あれ、お姫様抱っこ」


「あれは決定的だよー。

校庭の真ん中でさー」


「みんな、きょとーん……ですよ」


「しかもあれだ。

似合っちゃってるってゆーね」


「さすが、王子だよねー」


真季乃と花凛の興奮は冷めない。


0
  • しおりをはさむ
  • 125
  • 3561
/ 367ページ
このページを編集する