七色セツナ。2【完】

第13章 Guardians(守護者たち) /報告





「「お疲れ様です!」」


恵衣が
現場での立会いの仕事を終え、事務所に戻ると
蒼夜と、その後ろに
花凛が拐われた時に車を見つけた、
F市のメンバー数人が来ていた。


「ああ、和知。

お前らも。

この前は、助かった。」


「いえ、とんでもないです」


その内の一人、
和知と呼ばれた男が慌てて恐縮した。


「恵衣。

花凛ちゃんを拐った奴らの事で...」


蒼夜の声が、低く響く。


「ああ...

和知、わざわざ悪かったな。」


「いえ。

久し振りに、こっちに顔出せて良かったです。」


「他の奴らも帰って来てるから、
顔出してやってくれ。

1階にいる。」


「はい。

じゃ、また後で」


「ああ」


和知たちが出て行くと
蒼夜は報告を受けた通りに、恵衣に伝え始めた。


0
  • しおりをはさむ
  • 70
  • 3443
/ 380ページ
このページを編集する