七色セツナ。2【完】





「花凛は、お前を選ばねェ」


「それは、どうかな?

篠原さんが俺のこと、どう思ってるかなんて
・・・アンタらが、知るはずないでしょ?」


「ああ!?」


「そんなに引っ付いてて、
篠原さんが、誰も選ばないのは何で?

意識……されてないんじゃない?

だったら、俺の方が脈があるんじゃないの?」


「・・・その時は、潰すまでだ」


「・・・ふーん。

誰のチカラで?

お前?

夜天使?

それとも、お兄さんのチカラ?」


「テメエ……いい加減にしろよ?」


「・・・お前こそ、忘れてねェ?


ーーこの土地は、烈火だぞ?」


そう言うと渡辺は、外に向かって歩いて行った。




「あの野郎……」


「烈火は……陰惨なチームだ。

何をするか分からねェ」


渡辺の背中を睨みながら、恭弥がボソッと呟いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 70
  • 3591
/ 380ページ
このページを編集する