七色セツナ。2【完】

第13章 Guardians(守護者たち) /side 恭弥







side 恭弥



肝試し、そして今。


臨海学校、ホントに来て良かった。



ーあの日。


花凛ちゃんが、拐われた日。


他の男が、この身体に触ったという事実。


自分が感じた事のない感情。


自分の力で救えなかった劣等感。


恵衣さんの絶対的な力。



あの時、
俺は自分をコントロール出来なかった。


あれから分かった事...





ーー俺は、たった一人の女のために、修羅になれる。





「……こんなに、人を好きになるなんて……」


自分が、人間に執着するなんてー


俺は、愛しい人の寝顔を見つめる。


0
  • しおりをはさむ
  • 70
  • 3597
/ 380ページ
このページを編集する