七色セツナ。2【完】

第13章 Guardians(守護者たち) /side 朱羽







side 朱羽



「あの日は、兄貴に……

今日は、渡辺に……」



・・・
・・・
・・・

「・・・篠原さんは、何が好き?」


「ホントに、もらっちゃっていいのかな?」


「花凛、やめろ!」


「ちょっと、倉沢くん。

何なの?

俺と篠原さんが、話してるの。

邪魔しないでくれる?」


「あ!?」


「同じ高校の同級生と話すのに、アンタの許可がいるの?

”オトモダチ”の許可が。

・・・篠原さん、俺とも友達だよね?」


「え?う、うん……」


「……テメエ……」


「友達と話すのに、友達の許可がいるなんて
おかしいだろ?

・・・篠原さん、何か好きなものある?」


「テメエ、いい加減にしろよ?」


0
  • しおりをはさむ
  • 69
  • 3435
/ 380ページ
このページを編集する