七色セツナ。3【完】

瑠香
恋愛 385ページ(完結) 101134字 更新日 2018/03/19 読者 42786人 公開 0 0

「篠原 花凛について、教えて下さい」






倉沢 朱羽


「早く…俺のモノになれ」




西園寺 虎太朗


「は?そんな事、言えるわけねーだろ」




藤谷 恭弥


「大好き。いっぱいチュウしたい。・・・色んな所に」




倉沢 恵衣


「俺の女、だろ?」




そしてー




渡辺 真也


「・・・ひまわりみたいな女」







「ダチと同じ女、好きになった時点で
仲良しこよしやってる方が、
おかしいんじゃねーのか?」



衝突、始まる。








七色セツナ。2の続きになります。


先にそちらをお読みください。




未成年の飲酒・喫煙


暴走行為などは法律で禁止されています。



このお話はフィクションであり


これらを助長するものではありません。




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 71
  • 3595
このページを編集する