やっぱり、キライ!【完結】

episode:2 /変わりゆく日常


「恭介、起きて」


恭介と暮らしはじめて、早いもので季節は秋から冬へと変わった。



「…寒い、無理」


私が剥ぎ取った掛け布団を奪い取り恭介はそれにくるまってまた眠りに入ろうとする。



「私も寒いのにあんたの朝ご飯まで用意してるのよ!」


そう言うとひょっこり顔を出し


「…ここ、俺の家だし」


なんて言ってくる。



本当にムカつく!!


「いいから起きて!!」



子供じゃあるまいし、何で起きれないかな?


0
  • しおりをはさむ
  • 760
  • 1827
/ 329ページ
このページを編集する