やっぱり、キライ!【完結】

episode:3 /心揺れる忘年会



side恭介


「なあ、クリスマスに女を誘うってさ好意持ってるよな?」


コンビニで俺の分も弁当を買ってきた樋口に金を渡しながら尋ねる。



「そりゃ、クリスマスだからな」


樋口は弁当を渡して俺の前に座る。



「だよなー……」


クリスマスって、そういう日だし。


「お前、クリスマス1人?
この前のお見合い相手はどうしたんだよ」


樋口は笑いながら俺を見た。


「元彼に誘われてた」


そう答えれば、樋口は目を丸くする。


別に俺と千尋はお見合いして一緒に暮らしてるからと言って恋人ではない。


彼女がクリスマスに誰と過ごそうと俺には関係ないこと。



…だけど。


「間宮さんもクリスマス1人ですか?

私もクリスマス1人ですよ~」


いきなり、話しかけてきたのはこの前結婚する事を報告してきた後輩の一之瀬さん。



「え、何早希ちゃん婚約者は?」


樋口は驚きながらその話に食いついてきた。




0
  • しおりをはさむ
  • 751
  • 1812
/ 329ページ
このページを編集する