やっぱり、キライ!【完結】





恭介が謝る必要なんて全然ない。


なのにそんな顔されたら私まで辛くなる。



「元彼がお前のこと好きだと思うとか勝手に勘違いしてごめん」


「私、全然平気だよ」



本当に本当。


むしろ、ホッとしてる。



彼が、私じゃない他の女性と結婚してくれて。



恭介に笑いかけると、ポツポツ…と雨が静かに降ってきた。



クリスマスの日に雨が降るなんて、嬉しくないものだろう。



けど、私はこういう日に雨が降るのは嫌じゃない。




0
  • しおりをはさむ
  • 760
  • 1823
/ 329ページ
このページを編集する