やっぱり、キライ!【完結】

episode:3 /雨の中のキス



―――数時間前…


「俺…結婚する」


懐かしく、思い出が詰まったお店で田中さんは静かに言った。


何でだろう。


薄々、そうだろうと思っていたからだろうか。


「おめでとう」


簡単に言えてしまう。


本当は、知っていた。


…あの日、お見合いしたことに対して聞かれたときから。



「田中さんってそういう話するときどういう顔してるか知ってますか?」



彼のその顔を初めて見たのは別れ話をされたとき。


だから、あれから3年経ってまた同じ顔するからそうかなって思ってた。




0
  • しおりをはさむ
  • 760
  • 1827
/ 329ページ
このページを編集する