やっぱり、キライ!【完結】

episode:SS /幸せの第一歩





side樋口


「ん…あれ、もう行っちゃうの?」


着替え始める俺を見て、ベッドの上でゆっくり起きあがった子は寂しそうに言う。


「ごめんね、リエちゃん。
今日は同僚の結婚式でさ、もう行かないとだから」


気づけば、10月。

秋の紅葉が見ものになりつつある中での結婚式。


もちろん、その主役は間宮と千尋ちゃん。


「じゃあ、俺行くから後よろしく」


テーブルの上に置きっぱなしの招待状を手にして、俺はリエちゃんに笑いかける。


「うん、ばいばい」


そう言ってまたベッドの中に潜っていくリエちゃんを確認して俺は部屋を出る。


ずっと、俺と同じように独身のままと思っていた間宮は今日結婚する。


本当にめでたい奴だ。


誰のおかげでくっついたと思っているんだか。



「何でお前が入ってくるんだよ」


結婚式場に着いて、新郎の控え室へと足を運べば間宮に文句を言われる。


「何その態度、お前らの愛のキューピットに何て口の聞き方してんだよ」


そう言えば、間宮はため息をつく。


0
  • しおりをはさむ
  • 751
  • 1812
/ 329ページ
このページを編集する