心惹かれる甘い誘惑【完結】

心惹かれる甘い誘惑 /エレベーターでの目撃





村岡さんとの出会いは私が就職してすぐのこと。




──ガシャンッ

パシャッ──…



"三浦ぁ!"


"すすす…すみませんでした!!"



初めて取引先の人にお茶を出すという仕事を任された私は最悪なことにその取引先の人にお茶をかけてしまった。



"大丈夫だよ。だから顔上げて"



優しく笑って、慌てる私にそう声をかけてくれた人こそ村岡さんだった。



こんな出会いからだったからなのか、たまに会社で会ったりすれば話しかけてくれて


彼に恋に落ちるのにもそうそう時間はかからなかった。



"無理だとわかっているんですが…私、村岡さんのことが好きです"



そう告白時、彼には既に婚約者がいて結婚式を数ヶ月後に控えていた。



"正直言って俺も君に惹かれてた。けど、俺結婚するんだけど、それでもいい?"


結局私は"不倫相手"という形で彼の傍にいることを選んだ。





  • しおりをはさむ
  • 1084
  • 1838
/ 567ページ
このページを編集する