心惹かれる甘い誘惑【完結】

心惹かれる甘い誘惑 /彼が"それ"に気づくとき






side樋口慧



何で、こんなことになったんだっけ?




────30分前…




「樋口さんお注ぎしますよー」



「あ、私もー」



どんどん俺の周りには女の子たちが集まる。


にっこり笑って話しかけてきて悪い気はしない。




…にしても、間宮遅すぎだろ。


さっきまで俺の目の前で酒を呑んでいた間宮は千尋ちゃんに電話すると言って、うるさくないトイレの方へ行ったまま。


どんだけラブコールしてるんだ。



俺は小さく息を吐きながら酌してもらった酒を呑んで周りを見渡す。



俺たちのように会社の飲み会をやってる所もあれば、友人同士で呑みに来たり、1人で呑んでる人もいる。



そんな中、目に入ったのは男女が向かい合わせに座って呑んでいる若い子たち。



「(…合コン、か)」


あの子たちは沙菜と同世代だろうか。







0
  • しおりをはさむ
  • 1077
  • 1833
/ 567ページ
このページを編集する