心惹かれる甘い誘惑【完結】

心惹かれる甘い誘惑 /好きなものは何ですか?






「ねぇ、聞いた?」


仕事を一旦忘れ、空腹を満たす為に人が集まる食堂。


こずえは食べていた手を止めて私を見た。


「何を?」


とくに気にも止めずに私は食べながら聞き返す。



「あんまり大きい声で言えないんだけど…」


だんだん声を小さくしていくこずえ。


私はその声を聞こえるように耳を澄ませた。



「昨日、木村さんさー目の前で違う女の子に樋口さんを奪われたんだって」



─ガチャンッ…



「あ、ごめんごめん」



持っていたスプーンを思わず落としてしまった。



…昨日って、昨日だよね?



「ど、どんな子に…奪われたの?」



恐る恐る私はこずえに尋ねる。



「それがわかんないんだってー。何かナンパされてた子でさ木村さんも呆気にとられて見てないらしいよ」



……最悪だ。


いや、顔を見られてないから幸い?





0
  • しおりをはさむ
  • 1077
  • 1833
/ 567ページ
このページを編集する