彼女の嘘に愛の口づけを

東雲愛海
恋愛 0ページ(連載中) 0字 更新日 2019/01/03 読者 3043人 公開 0 0



それは決してバレてはいけない
──最低最悪なのはじまり。






「は、はじめまして…」


この度、双子の姉の替玉になりました。


「俺の邪魔はするなよ」


しかもお見合い相手がいるようで問題だらけです。









「さて、子づくりでもしようか」

「ちょちょ…!ストップ!っ下ろして!」



期限は本物が帰ってくるまで。


(早く帰ってきて!!!)



──神様、どうか嘘つきな私を許さないでください。



公開日:2019年予定

  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 15
  • 1820
このページを編集する