壊れたキミと共依存

彼氏と親友 /関係の名前

赤城は私に色々な“初めて”をくれた。
私も赤城のその気持ちが嬉しかった。

でも、そのどれも私は彼に返す事が出来なかった。

私は自分で勝手に赤城を好きで受け入れられたと思って居た。
でも、そうじゃなかった。
その事に私自身が誰よりも先に気付いてしまった。
どうしたものかと思った。と言うよりはどうしようもなかった。
私は赤城に色々な“初めて”を与えられなかった。
好きだったのは嘘じゃ無い。それだけは信じて欲しい。
それでも私は蒼に対してした事ばかりを赤城に対してした。
彼がそれに気付かない内に何とかしたかった。
その頃には私は蒼を純粋な友達として見られなくなって居た。
赤城に会うよりずっと前から毎日一緒に帰っている、すぐ側に居て手も繋げる間柄。

この関係の名を、私は知ってしまって居た。
この心地いい場所こそが私にとって一番で他の誰かとは考えられなくて離れたく無くて…。

私はいつから蒼に恋をして居たのだろう?

気付いちゃいけなかった。
それでも気付いてしまった、私の感情。
無視するには苦しくてそれでも関係を壊せない私は只々都合がいいだけの存在だった。

でも、分かるでしょう?
こんなに汚い気持ちを持った私の醜さや愚かしさ、そしてそれ等を隠したくて仕方ないどうしようもない自分を。
全部誰かに分かって欲しいと思う、その不甲斐なさを。

私がこの気持ちの中の一つでも言えば彼氏も親友もどちらも戻れないだろう。
ならば私は喜んでこの気持ちを隠そう。

この頃はそれが私が出来る最善の判断だと思っていた。

  • しおりをはさむ
  • 6
  • 2
/ 15ページ
このページを編集する