女子高生自伝㊤〔完〕

第1章 ギャルサー

「よっしゃ!始めから行くよー」


かけ声に皆が反応する。


大音量…

いや、爆音が奏でる軽快なリズム。



「いっちょ、行きますかぁ♪」


ここは小さな地元のカラオケボックス。


その中で立ち上がる10人の女の子。


金パに茶髪にメッシュにエクステ。

ミニスカやスゥエット、足元は健サン。


白やら黒やら…

とにかく白黒肌にはゴールドやシルバーの豪華なアクセ。


そう。


世の中でいうギャルと呼ばれる人種。



「音あげるよー」


爆音がさらにでかさを増す。


それを合図にいつものアレが始まる。

0
  • しおりをはさむ
  • 795
  • 150
/ 470ページ
このページを編集する