女子高生自伝㊤〔完〕

第6章 中学2年生 /2節 総代

気がつけば世間は夏休みに入っていた。


それを知ったのは学校から郵送されてきたオール1の通知表を手にした母が発狂したからだ。



仁奈は何もする気が起きず毎日クーラーの効いた部屋でダラダラしていた。





去年の夏は楽しかった。



雪成と付き合ってたし、
girlの活動あったしなんやかんやで充実してた。



あ、花火大会とかも行ったっけ?




それに比べ今年の夏は


腐ってます。(チーン)






ー♪ー♪ー♪ー♪



携帯から大爆音の着うたが鳴る。



「ルナだぁ」



仁奈は携帯を耳に当てる。




0
  • しおりをはさむ
  • 797
  • 150
/ 470ページ
このページを編集する