女子高生自伝㊤〔完〕

第2章 初体験

これまでの仁奈の恋愛というとー…




まず初恋が小学四年生。


同じ学校の同学年の子。


ハーフかと思う位に整った顔。


それに愛想もよく誰からも好かれるキャラだった。


学年の女子ほとんどがその子のことを好きで、競争率は半端なく高かった。


しかし、ませガキ仁奈が怖じけづくわけがない。


周りなんて目もくれず猛アタックが始まった。



そして

月日は流れ小学五年生のバレンタインデーの日。



徹夜して作った手作りチョコを片手に大好きな彼へ愛の大告白。



結果はもちろん大成功。


まぁ、なんてったって仁奈姫ですから♪笑







要するに!


それが人生初彼氏。




0
  • しおりをはさむ
  • 797
  • 150
/ 470ページ
このページを編集する