女子高生自伝㊤〔完〕

仁奈はさっき考えた質問をするため先生の前にゆっくりと腰掛けた。





「ん~……今日はもう一度もっと詳しい検査をしましょう」



先生が前回の検査結果みたいものを見ながら言った。














「斎藤さん。“子宮頸癌”の疑いがあります」













え?








何て…?








「今日は細胞組織を採らせてもらいますね」



「え…ちょ、仁奈、子宮頸癌なんですか?」



「検査結果はひっかかっているし、まだ疑いの段階ね。今日の詳しい検査でもう少しちゃんとわかるからね」






嘘。





仁奈、“癌”なの?





仁奈も




死んじゃうのー?

0
  • しおりをはさむ
  • 795
  • 150
/ 470ページ
このページを編集する