女子高生自伝㊤〔完〕

第7章 中学3年生 /3節 異変

暦は8月に入った。




あの花火大会以来、


雪成とは一度も会っていなかった。




毎日メールも来るし


電話もする。



仁奈のこと好きって毎日言ってくれる。




なのになぜか


突然しばらく会えないと言われた。





理由を聞いたが今は話せないと苦笑いで言われた。





仁奈は浮気!?とすごく心配になった。




すぐさま美姫ちゃんに聞いたらそれは絶対ないと言ってくれた。




美姫ちゃんは理由を知っているみたいだったが仁奈には教えてくれなかった。




雪成との連絡は途絶えてないし、美姫ちゃんもそう言ってくれてるからとりあえず信じて待っていることにした。



0
  • しおりをはさむ
  • 795
  • 150
/ 470ページ
このページを編集する