女子高生自伝㊤〔完〕

「ユウくん悪いけど話がそれだけなら切るね」


「おい、待て、仁奈!考えといて」


「ごめん。イベントには一生出ない。出たくない」




仁奈はそう言い放ち、強引に電話を切った。



もうユウくんの金稼ぎには使われたくない。



仁奈は悔しいけど自分が総代の間はこのステイタスを貫くことに決めた。








今日は本当に色々あった。






楽しかったり



嬉しかったり



悲しかったり。






なんだかすごく疲れた。



早く寝よ。




0
  • しおりをはさむ
  • 796
  • 150
/ 470ページ
このページを編集する