女子高生自伝-最終章-[完]

第2章 高校3年生 /3節 女神は微笑む

次の日。


―コンコン…


ノックがしてママが顔を出した。



「仁奈ちゃん……」


ママはドアを静かに閉め、仁奈に近付く。



「体どう?」

「さっき痛み止め飲んだから今はわりかし大丈夫だよ」


ママはニコッと笑って「そう」と返した。




「翔がね…一緒に来てるの……会える?」


「………」


「謝りたいって言ってて…」



仁奈はどうしていいかわからなかったがママの手前小さく頷いた。


ママは仁奈の返事を聞いて再びドアへと急ぐ。



「入ってらっしゃい」


翔はドアのすぐ前にいた。


0
  • しおりをはさむ
  • 1485
  • 150
/ 407ページ
このページを編集する