女子高生自伝-最終章-[完]

第2章 高校3年生 /5節 失態

「どーするまた高速使っとこうかぁ?」


時刻を確認すると午前1時半。


「ん~下道なら結構かかる?」


「そ~ねぇ…今の時間すいてるから飛ばせば4時には着く感じかな?」


翔が帰るのなんて閉店の5時を過ぎてから。



「大丈夫!下道で帰ろう」



仁奈はまこちゃんに高速代を出してもらうのが嫌だった。


行きも払うって行ったのに結局まこちゃんはお金を受け取ってはくれなかった。




「本当に大丈夫なのぉ?余裕持って帰っといた方がよくなぁい?」


「んー大丈夫!4時なら余裕だよ♪」



仁奈の言葉にまこちゃんは渋々従ってくれた。




0
  • しおりをはさむ
  • 1485
  • 150
/ 407ページ
このページを編集する