女子高生自伝-最終章-[完]

第2章 高校3年生 /9節 誓い

仁奈はまた今日から先生の指導によりホルモン療法を開始する。


将来の赤ちゃんに会うためにも頑張って自分の病気と向き合っていく。


先生の診断で出血の方はもう少し様子を見ることとなった。


先生がもうしばらくしたら止まるだろうと言ってくれた。


もし止まらない場合はまたすぐに先生のところへ来るようにと言われたが仁奈は先生の言葉を信じて止まる方にかけた。


来週は術後の診察で月川の闇医者のところへ行かないといけない。


だが、今回のこともあってあそこの病院は怖くなり行かないでおこうと思った。



仁奈は薬局でいつものピルと貧血の薬をもらい病院を出た。


0
  • しおりをはさむ
  • 1485
  • 150
/ 407ページ
このページを編集する