禁断××(完)

プロローグ

「ちょ、ちょっと!?」


「…お前は黙って俺に襲われてろ。」




そう言って奴はあたしをソファーに押し倒す。




お、襲われてろってねぇ!!




「ちょ!離してよ!!」



「うるさい・・・。」


そう言って奴はあたしの唇に甘いキスを落とす。





ーあたしがこんな状況になってしまったのは少し前。



  • しおりをはさむ
  • 1006
  • 5821
/ 375ページ
このページを編集する