禁断××(完)

大嫌いなアイツ /無理やりkiss

抜き打ちテストが終わった後。

あたしは奴と二人で人気のない空き教室にきている。


空き教室っていっても、ソファはあるし、テレビもあるし、広いし…やっぱりここは金持ち学校なんだと改めて実感させられた。


って!そんなことはどうでもよくて!



「何?どうかした?」



そう言って余裕そうに笑うアイツ。


「どうかしたじゃないでしょ!?この変態!いつみたのよ!!」



あたしはそう叫ぶ。


「見たっていいだろ。別に…減るもんじゃあるまいし…。」



「なぁっ!?」


最低だ…思ったより最低だこいつ!




「減る!あたしのプライドが!」



「フッ…」


「なぁっ!?」


もぉ~!!最低!ホント最低!

  • しおりをはさむ
  • 1006
  • 5821
/ 375ページ
このページを編集する