空が涙を流した日[完]

2






「会長、また副会長が逃亡しました!」


「あー、あの後輩捕まえてこい。それがどうにかする」



穏やかな生徒会室の、いつもの風景。


うちの高校には名物"会長"ではなく、名物"副会長" がいる。それに加えてスーパー雑務(無所属)までも存在するものだから、一般生に生徒会は変わっていると思われることも多いけれど、それは一部の人間だけであって他の役員は寧ろ地味だったりする。




茶目っ気たっぷりなムードメーカーの副会長は、普段寡黙で一歩引いて周りを観ているような会長とは真逆の存在で、いいバランスをとっている。



容姿も頭も良くて、でもどこか抜けている副会長は多くの生徒から支持を得ている。そのなかには熱狂的で悪質な人間もいるなんて噂も、耳にしたことがあるのだけれど。



0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 58
/ 51ページ
このページを編集する