私の甘々俺様彼氏【完結】

「作れるよ。私料理意外と
得意なんだから!」

私が胸を張って、笑って自
慢すると


「んじゃ、そうするか。美
羽の料理食べてぇし」

麗はフッと優しく笑った。

その顔を見て、美味しい料
理頑張って作ろうと思った。


「飯食ってからは、デザー
ト食べてぇな」

「え?何作ればいいの?」

麗何か食べたいのかな。
私が聞くと

「デザートはお前に決まってんだろ」

麗はニヤリと笑って私に頭
をくっつけた。

「んな!!」

いつもの如く顔が赤くなっ
た私を麗は楽しそうに笑っていた。


  • しおりをはさむ
  • 2111
  • 339
/ 432ページ
このページを編集する