私の甘々俺様彼氏【完結】

私の甘々俺様彼氏Ⅱ /誕生日

「誕生日おめでとう!!」

麗にクラッカーをパンっと
向けて鳴らした。

「あぁ、ありがとう‥‥」

麗は少し戸惑い気味に言い
ながら、クラッカーから出
た折り紙などを自分の体か
ら取った。

「ねぇ、びっくりした?び
っくりしたよね?」

私の言葉に麗は

「あぁ、したした」

と適当くさく返事をした。

「もう!何その適当くさい
感じは!今日すっごい早起
きして、麗の家の前でずっ
と、麗が出て来るの待って
たんだから~」

麗に1番最初におめでとう
って言いたかったから、私
は朝早くから麗の家の前で
麗が出て来るのをウロウロしていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 2104
  • 333
/ 432ページ
このページを編集する