私の甘々俺様彼氏【完結】

私の甘々俺様彼氏Ⅳ /責任と罪悪感

「最初に言っておくけど、
今から話すのは、過去の事
だ。俺が"りょう"を想う気
持ちも、とっくに昔の事だ」

「…うん」


麗は念をおすように、私の
目を見ながら言った。


麗は、ひとつため息をつく
と、ゆっくり、ゆっくりと
ひとつずつ話してくれた。


「俺は"りょう"の事が、ず
っと好きだった。」

「…うん」


0
  • しおりをはさむ
  • 2075
  • 319
/ 432ページ
このページを編集する