私の甘々俺様彼氏【完結】

私の甘々俺様彼氏Ⅰ /告白

麗と放課後毎日過ごすよう
になってから、あっという
間に1ヶ月経っていた。


毎日会えば会うほど、私の
気持ちも、会う回数に比例
していくように大きくなっ
ていった。


麗の事が好きで好きで、た
まらなくて――‥‥

‥‥私は麗に対する好きっ
ていう気持ちでいっぱい、
いっぱいになっていた。


だから、つい言ってしまっ
た。

本当はまだ全然言うつもり
なかったのに‥‥。

自分でもびっくりする位、
ぽろりと口から零れた。


‥‥だって、麗があんな事
言うから――‥‥

‥‥麗のせいだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 2100
  • 329
/ 432ページ
このページを編集する