下田君に振り回される。【完】

▽1 /視界に映る





今日は晴れ。朝から晴れている。快晴。
うん、すばらしい。




3時間目の授業中。教卓の前の席にもかかわらず、ぼんやりと窓の外を見ていた。



先生がこっちに背を向け、黒板に字を書いているおかげで、今だけは何をしてもバレない。


右手でシャーペンを握り、左手で頬杖をついて、青い空を見つめて清々しい気持ちになっていた。



四角い窓から見える綺麗な水色の空。まばらに浮かぶ白い雲。なんて美しい。絵にしたいほどだ。




「(空、飛びたいな…)」




すっかり青空に持っていかれた思考。


先生の目がこっちに向いたことに気付くことができず。





「宮田さん、集中してますか?」

「へっ、え、あ…」




古典の先生はちょっと恐い。そのため、いつもふざけている戎君でさえ大人しく授業を受ける。


それなのにあたしは思いっきり余所見をしていて、鳥になって空を飛びまわる妄想までしていて、集中力はゼロ。


見事に先生の目に留まり、気付いたときには鋭い表情でで見据えられていた。



慌てて弁解の言葉を述べようとしても何も出ない。


……やってしまった。



後悔しても遅い。「…すみません」と謝罪するしかない。




0
  • しおりをはさむ
  • 298
  • 15327
/ 437ページ
このページを編集する