下田君に振り回される。【完】




「仲良いわけないでしょ。昨日初めて喋ったのに」

「あ、そうだったんだ?」

「あんたが男3人に突っかかってるから止めようとしたら、‘行っちゃダメだよ’って急に肩掴まれたんだよ。脱臼するかと思ったわ」

「…後藤君と下田君いつからそこにいたの?」

「知らないけど。でもあたしの後に来たよ」

「…そっか」



下田君たちがあの場にいたのはたまたまだったのかな。教室に用があってやってきたのかな。



「…、」



いいや、今さらどうだっていい。あたしはもう下田君と仲直りできたんだ。それは嘘じゃない。れっきとした事実だ。









「あ、おはよう」




教室に着くと、ドア付近にいた牛丸君と目が合った。あーちゃんよりあたしが先に教室に入ったたため、がっつりと視線が絡む。




「おおおはよう」

「海藤もおはよ」

「おはよ、」



どもるあたしと冷静に挨拶をするあーちゃん。牛丸君は対照的なそれにおかしそうに笑いながら「あのさ、」と爽やかな笑みを浮かべた。




「ちょっと話あんだけど、いい?」

「…え、あーちゃんに?」

「宮田に」

「なに?」

「ここじゃあれだから、移動していい?」





0
  • しおりをはさむ
  • 302
  • 15459
/ 434ページ
このページを編集する