下田君に振り回される。【完】





戎君と教室を出ると、その様子を見ていたらしいあーちゃんが「?」を浮かべた表情をしていた。







「で、なんだよ。提案って」




階段を上りながら戎君は口を開く。




「あのね、一緒に勉強しよう」

「ぬぁーんでだよ。宮田と2人でやっても何の力もつかねぇわ」

「昨日は2人でやったらすぐ終わるとか言ってたじゃん」

「昨日は昨日」

「って、あたし2人でやるって言ってないよ」

「じゃあ何だよ、クラスの奴ら全員に助けてもらうってか」



そんなんやだよ、と顔を顰められるが、一言もそんなこと言ってないよ。戎君は被害妄想が激しいな。




「あのね、下田君に助けてもらわない?」

「…っぶ。はあっ?!」

「そんなに驚く?」

「お前マジで昨日下田と勉強したのか?!」

「え、したよ」

「うっそだろ!絶対ぇスパルタじゃねぇか!やだわ!」

「そんなことないよ!めちゃくちゃ分かりやすいよ!」

「俺まだ死にたくないぞ!」

「その偏見どうにかした方がいいよ!」



すぐに下田君が暴れん坊みたいな言い方するけど、そんなの周りの噂にすぎないよ。本当の下田君はすっごい優しくて思いやりのある人なのに。



0
  • しおりをはさむ
  • 302
  • 15659
/ 434ページ
このページを編集する