下田君に振り回される。【完】




ポカンとしてしまう。目を丸くしてあーちゃんを見れば「だから返事できないんじゃないの?」と眉を顰めて言われた。



なんだ、それ。あーちゃんは何を言ってるんだろう。他にって、好きな人って。




「あーちゃん?」

「何よ」

「あたし、恋なんかしてないよ?」

「…、」

「牛丸君に返事できないのは、恋してないからなんだよ。好きだけど、友達としかまだ見れてないからだよ」

「ほんとに?」

「好きじゃないのに告白に応えるなんてことしたくないもん」




牛丸君は良い人だから。良い人だからこそ、中途半端な気持ちで告白をオッケーしちゃいけないのだ。


大事な友達だから慎重になってしまうんじゃないか。



本当にそう思ってあーちゃんに伝えたのに、当のあーちゃんは疑い深い目をあたしに向けている。なんだなんだ、何が腑に落ちないって言うんだ。



「まあいいけどさ、」

「うん」

「自分の気持ちに正直になりなってことよ」

「…どゆこと?」

「そのまんまの意味だってば」



あーちゃんが何を言いたいのかよく分からなかった。あたしがバカなせいなのか、それともあーちゃんの表現力が乏しいせいなのか。




はっきりと言ってくれないと分からないんだ。





0
  • しおりをはさむ
  • 302
  • 15459
/ 434ページ
このページを編集する