下田君に振り回される。【完】




牛丸君のことを更に知る機会にはなっているのだけれど。




「今そこまで好きじゃなくてもさ、牛丸とだったら付き合ってから好きになれそうだけどね」

「え…?」




驚き顔を上げるとあーちゃんは頬杖をついた状態で「違う?」と眉を上げる。



「普通に良い奴だし優しいし、一緒にいるうちに好きになれると思うんだよね」

「…そうなのかな」

「牛丸緋奈のこと大好きだし、女は愛するより愛されるほうがいいっていうし、これで振るのはもったいないとは思うけど」

「…うーん」

「その辺の女だったら、絶対オッケーするじゃん」

「…うん、」

「でも緋奈はけっこう悩んでる」

「うん…、」

「それって他に好きな人でもいるってことなの?」

「……え?」



他に好きな人って…何だ…?







0
  • しおりをはさむ
  • 296
  • 15309
/ 437ページ
このページを編集する