下田君に振り回される。【完】

▽1 /そこで出会う





下田君が廊下で暴れてから数時間後。






「宮田、牛丸。お前ら今から花壇の草むしりしてこい」






ホームルームも終わって、いざ帰る、という時に、先生に呼ばれ、牛丸君と教卓の前で並ぶと、唐突にそう言われた。


鞄を肩にかけ、帰る気満々だったあたしは、先生のその言葉に唖然とした。




「……え?先生何言ってるんですか?」




目を丸くし、パチパチと瞬きをする。

まだ20代で、だけどいろいろと苦労してそうな眼鏡の担任、大ちゃんはあたしを険しい表情で見つめ返した。





「牛丸はまだしも、宮田、お前古典の時に先生にはむかったんだって?」

「え、は、」

「宮田、お前そんな奴だったか?先生は聞いた時びっくりしたぞ」

「……」

「牛丸だけかと思ったが、どうやら宮田もだった。2人してやってくれたな」

「センセー、何で俺には驚かないんですかー?」

「いやいや、牛丸。お前はいろんな先生からいろいろ言われてるぞ」

「あ、それって良いことっすよね?良い噂っすよね?」

「お前は本当幸せな脳みそを持ってるな」





古典のあの先生はやっぱりうちの担任にチクッたらしい。


大ちゃんに何でも言いやがって。
大ちゃんは若いから、それなりにベテランの先生には頭が上がらない。


だから、こうしてあたしと牛丸君に処罰を与える。どうせその古典の先生に言われて、処罰を与えてるんだ。


0
  • しおりをはさむ
  • 291
  • 14785
/ 439ページ
このページを編集する