LEVEL

第三章







どこかでなんとなく思ってたんだ。






このまま私はこの猛獣とずっと一緒に居るんだろうなって。






漠然とだけどそう思ってた。







だけど現実ってのは、思い描く通りにはいかない。







私はそう…気付かされた。







0
  • しおりをはさむ
  • 408
  • 399
/ 478ページ
このページを編集する