holic 下




「この先もずっとそれは変わらない。なにがあっても」




見つめ合ったままはっきりと言われた言葉は淡々としていた。



それでも信用できなくて、信用したいのにしきれない私は響をじっと見つめたまま尚も響の表情を探り続けた。



じっと見つめ合ったまま。



しばらくして困ったように笑う響に根をあげたのは私だった。




「…信じる」




例え嘘であっても。虫のいい話でも。




信じたかった。
響の優しさにすがりたかった。


0
  • しおりをはさむ
  • 170
  • 92
/ 249ページ
このページを編集する