地味子さんとストーカー君。【完】

第十二章 : ヒーローはストーカー




今度は、賢介が目を見開く番だった。


「お前っ、なんでここに!?」

「夏子さんの帰宅時間から、帰路まで、全部把握してますから」


帰りが遅いと思ったら、まさか、こんなことになっているとは……そう言って、尊は夏子に近付いてきた。

そして、その広い背中で夏子を庇ってくれる。


「尊、さん……」

「遅くなって、すみませんでした」


賢介は一人、面白くなさそうな顔をしている。


  • しおりをはさむ
  • 409
  • 648
/ 314ページ
このページを編集する