地味子さんとストーカー君。【完】

第一章 : 地味子の日常




「ということがあったんだよ」


ガヤガヤとした居酒屋の中、夏子は少し声を張って話す。


「へぇ、新しいお隣さんねぇ……イケメン?」


一緒に飲んでいるのは、今井 真由(いまい まゆ)。

かつての級友であり、同じ田舎から同時に上京してきた、夏子にとっては、親友と呼べる存在だった。


  • しおりをはさむ
  • 409
  • 648
/ 314ページ
このページを編集する