タンスを開けたら元カレがいました。

隼音
ホラー 22ページ(連載中) 2628字 更新日 2015/09/18 読者 2522人 公開 0 0

あなたのことはちゃんと好きだった。
でも、ごめんなさい。
私は自分の道を進みたいです。
だから別れてください。ごめんなさい。さようなら。
 
おい、まてよ俺の気持ちは全部無視かよ!?

ごめんなさい。
 
これが最後にかわした会話だったと思う。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
このページを編集する