香坂さん家の孫娘─上─【完】

私の目の前には、仁王立ちをする綾女。

私を睨んで逸らさない。


「……返事くらいしなさいよ」

「…」

「…あぁ、聞こえなかったのね」


無視されるのは彼女のプライドが許さないようだ。


少し周りを見渡すが、この前見かけた男は一緒にいない。


「……そっちも1人なの?」

「そうよ。風邪を引いたと言って家にいることになってるわ」


質問以上の情報を交えた答えをくれた。


「ねぇ、もう一度言うわ。私に蓮姫の地位を譲って」

「……何で?」

「そんなの紅蓮が鳳凰より力があるから、」

「力があったら何」

「氷雨様はカッコいいし、」

「格好よかったら何」


……ねぇ、お姫様。

0
  • しおりをはさむ
  • 1146
  • 6391
/ 453ページ
このページを編集する