香坂さん家の孫娘─下─【完】

*1*

「おーい!!!!しいーーー!!」


耳元で聞こえた大音量の声に思わず眉を寄せながらも、これ以上大声を出されては困るので、渋々顔を上げる。


「あ、起きた!」

「……」

「そ、そんな怖い顔すんなよ……悪かったって」


…普通に見ただけだけど。


以前も誰かと同じような会話をしたような気がする…と、寝惚けた頭で考えながら、私の隣に立つ彼を見つめる。


─────望月遊佐(モチヅキ ユサ)。

人目を引く、綺麗に染まった赤髪。

細身で長身。

顔立ちは整っていて一般的に“イケメン”と称される部類だろう。


そしてここ、県No.1を誇る暴走族──紅蓮──の幹部。

特攻隊長という位置にいる男。

0
  • しおりをはさむ
  • 404
  • 6389
/ 357ページ
このページを編集する