いつかは覚める夢だと知っていても

恋奈
恋愛 9ページ(連載中) 2390字 更新日 2019/10/09 読者 33人 公開 0 0


「瑠璃、大好きだ」

「私もだよ、煌」


きっと今の煌の言葉は、確かに煌の言葉だけどそうじゃない。


こんなこと本当はしてはいけないことなんだ。


だって私は煌を騙しているんだから。


だけど、目の前に私の求めていたモノがあるのにそれに縋らずにはいられなかった。


騙してごめんね。



いつかはきっと覚める夢だと知っていても弱い私は、その夢から覚めるまですこしの間だけでもこの夢を見ていたかった。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 8
このページを編集する