暖かいのは君 番外編

継母 /就任式



今日は、道人の組長就任式

メイク室で、海と一緒に順次さんにメイクをしてもらってる

「わぁ!!ママ綺麗!!本物のお姫様みたい!!可愛い!!」

「本当。鞠花ちゃん可愛いわ。3人の子供がいるなんて全然わからない」

「順次さんも海も誉めすぎです……。海も可愛くしてもらったね。」
 
胸元には黒いリボン白いふわふわのドレスを着て、普段はストレートな髪を巻いてもらって、ティアラをつけてもらった海は親の贔屓目なしですっごく可愛い

「フフッ♪♪ママ、海可愛い??」

「すっごく可愛いわ。パパ達に見せに行こうか」

「うん!!!!順ちゃんありがとう!!」

「どういたしまして。海ちゃんバイバイ♪♪チュッ」

と投げキス……

「順ちゃんチュッ」

あらあら、真似しちゃった……

道人また怒りそう……

「順次さんありがとうございました。」

お礼を言って部屋の扉を開ける

道人が部屋の前で待っててくれたの知ってるから、怖くないんだ。

「道人、みんなお待たせ」

「……鞠花、似合う……めっちゃ可愛い」

「道人まで……誉めすぎだって」

嬉しいけど照れくさい……

「パパ、みんな!!海は??海可愛い??」

「………白いドレスは花嫁みたいでやだっつたろ」

「海がこれがいいって言うんだもん。」

それにまだ海は8歳よ??

「パパ、海可愛くない??」

道人が誉めないからしょぼんとしちゃった

目だけで道人に訴える

「……あっやっ!!海は可愛いに決まってるだろ!!なんせ俺と鞠花の娘だ。有り得ないくらい可愛い!!」

「キャー!!パパありがと♪♪チュッ」

「は?!」

あ~~……道人の前で投げキスしちゃった……

海、あなたのパパ唖然としてるよ??

「れ~、つー!!海可愛い??」

「……とてもお似合いですよ」

「可愛いよ」

「ありがとう!!チュッ、チュッ!!」

…………ん~~~……んと……

変なこと覚えちゃったな……

「海花!!投げキスなんかするんじゃない!!!」

「え~…パパ、海のチューいや??ママとはいつもするのに……」

「え?!」

海何言って………

「鞠花は俺の女だからいいんだ!!!」

「道人!!そこじゃない!!」

もう!!道人がどこでもくっついてきたりチューしてきたりするからだよ!!

子供に見られたじゃない!!!

  • しおりをはさむ
  • 2571
  • 2672
/ 635ページ
このページを編集する