白雪姫と瑞希くん。

ki-yan
恋愛 168ページ(連載中) 38143字 更新日 2016/08/17 読者 20270人 公開 0 0





白雪姫のそばには七人の小人



ではなく



一人のナイトがいるのでした




白石雪姫-siraisiyuki-

「一緒にいたいって思うのは、瑞希だから……」




矢野瑞希-yanomizuki-

「俺のものに手ぇ出さないでくれる?」




転がり込んだお家にいたのは



とてもとても生意気な



「俺のそば、離れんじゃねぇぞ……バカ」



でもちょっぴり照れ屋なツンデレくん。




「ブス!デブス!お前なんか嫌いだ!」

「お前は俺が守るって約束しただろ?」

「…………行くな…」





「生意気!顔だけイケメン!こっちこそ嫌いだばーーーか!」

「だって、迷惑じゃん…」

「瑞希っ」





七人の小人が白雪姫を見つけたとき、


白雪姫の出す答えとは?






  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 21
  • 552
このページを編集する